旅行・PC等趣味的なもの 通信関連

レンタルサーバーの選択はConoHaサーバーの一択でここが超お薦め。エックスサーバーは次点

2020年9月16日

お知らせ

◆初回投稿日(2020/09/15)


◆導入

現在エックスサーバーを使用中なのですが、現ブログとジャンルの全く異なるブログをアメーバから引っ越させる為に新たにConoHaサーバーを追加しました。

現在使用できる有力なエックスサーバーを含むサーバー群と比較した結果ですなのですが、特にエックスサーバーと比べて

 ① スピードを含む、サーバー性能やデーターベース、メールセキュリティ等がエックスサーバーと同等なこと

 ② 費用がエックスサーバと比べて通常1年契約として比較すると
   エックスサーバーは  1000円/月(税別)
   ConoHa Wingプラン  800円/月(税別)で
   ConoHaサーバーの方が200円安い

 ③ 常時「.com」や「.net」等の独自ドメインが永久無料で使用可能なこと

がConoHaサーバーを選択した理由です。

以下具体的にエックスサーバーとConoHaサーバーの主要なサービスを比較しながら私がConoHaサーバーを選択した点を深堀したいと思います。


エックスサーバー及びConoHaサーバーの公式WEB

◆エックスサーバー

レンタルサーバー Xserver

◆ConoHaサーバー

ConoHa WING

◆ 自己紹介

自己紹介

お久しぶりです。それとも初めましてでしょうか?
このブログの管理人のワシことヒロアキです。

現在妻との間で離婚争議中で結構気分はダウナー気味ではありますがこのブログを通じて離婚争議の顛末や離婚問題から気持ち的に逃れる為に最近趣味に再びのめりこみつつあるヘタレです。

そんな私が離婚問題、株式取引、パソコンや携帯電話、旅行と写真、主夫的行動等思いつくままに書き連ねています。気軽に軽く眺めて頂ければ幸いです。


1.エックスサーバーとConoHaサーバーの特徴

新たにサーバーを借りるにあたり現在利用可能なサーバー群と比較した結果、価格と性能のバランスからエックスサーバーとConoHaサーバーの二択だと感じました。

この二つのサーバーについて主にConoHaサーバーの視点からエックスサーバーを比較した結果を以下に記します。

尚、両サーバーともに現在(令和2年9月~11月中)キャンペーン中で両者の差は少し通常よりも縮まっています。


キャンペーン

 令和2年9月14日エックスサーバーおよびConoHaサーバーは次にようなキャンペーンを展開中です。

 ① エックスサーバー(X10プラン)【期間限定】2020/11/05(木)18:00まで

   ・ドメイン(.com / .net / .org / .info / .biz / .blog のいずれか一つ)永久無料

   ・価格の割引
    1年以上の利用契約に対して20%割引 例:1年契約の場合税込み10,560円(税込み)

 エックスサーバーのキャンペーンはConoHaサーバーのWingパックプランを意識したものかな?

 ② ConoHaサーバー(WINGパック ベーシックプラン)2020/11/06(木)18:00まで

  ・価格割引
          1年以上の利用契約に対して20%割引 例:1年契約の場合税込み9,504円(税込み)

尚、ConoHaサーバーのWingパックは「.com」や「.net」を含むドメインの永久無料と初期費用が無料となっています。

1-1 ConoHaサーバー vs エックスサーバー

以下にConoHaサーバーが売りとしている部分を該当WEBから引用し次にエックスサーバーがどのように対抗できているか確認します。

1-1-1 サーバー速度国内NO1

 
ConoHaサーバーとエックスサーバーについてスペック上では次のようになります。

ConoHaサーバー

①オールSSD、RAIDO10の高速サーバー
②独自チューニングによるWEB高速表示
③PHP7に対応
 従来のPHP5より2倍以上速度が向上したPHP7に対応。
 その他、PHPアプリケーション実行環境としてFastCGIより20%も
 高速なLiteSpeed LSAPIを採用。

エックスサーバー

①「オールNVMe」RAID10構成
 従来のオールSSD環境と比較し読み込み速度が最大約14倍・高速・安定化機能

②CPUに第2世代「AMD EPYCTM」
CPUには製品発表時点で80ものベンチマークで世界記録を達成
48コア&大容量512GBメモリ

③「Xアクセラレータ」がVer.2
Ver.2では従来機能による性能強化に加え、PHPの大幅な高速・安定化を達成。
キャッシュなしで最大20倍(WordPressで最大10倍)もの高速化と負荷耐性向上を実現。

 


ソフト的にはエックスサーバーの「Xアクセラレータ」がVer.2とやらが優れていいるように見えます。

また、ハード面でもエックスサーバーがNVMeのRAIDO10なのに対してConoHaサーバーはSSDのRAIDO10となっていますのでエックスサーバーが優勢でしょう。

以上を考慮するとスペック上はエックス―サーバーの勝ちでしょうか?


現実に、私はエックスサーバーに写真モリモリのブログ記事を投稿していますが回線スピードがbiglobeの2~8MBPS程度の環境でも1,2秒程度で画面が切り替わりますのでエックスサーバーはそれなりに高速だろうと想像できます。


1-1-2 優秀な安定性

ConoHaサーバー

①高安定性Webサーバー nginx
同時大量アクセスの高速処理に優れたnginxを採用。アクセス集中時でも安定したレスポンスを実現するとのことです。

②サービス品質保証(SLA)
サービス品質保証(SLA)を導入し、品質保証値はサーバーの月間稼働率99.99%以上としています。

エックスサーバー

①大量アクセスにも強い「nginx」
大量の同時アクセス処理に最適化されたWebサーバー「nginx」を採用しているため、突発的にアクセスが集中した場合でも安定したサイト運営が可能。

②サーバー稼働率が99.99%以上の安定したサーバー環境

総計1.39Tbps(2019年7月現在)の大容量バックボーンに接続し、電源/空調/防火システムを完備した国内のデータセンターでデータを管理されている。


サーバー稼働率が99.99%以上という、常にを実現しています


双方、nginxを使用していること、サーバーの安定性についてはConoHaもエックスサーバーもサーバー稼働率が99.99%以上で安定性は同程度だと思われます。


1-1-3 WordPressサイトをすぐに開設可能

ブログを作成するためにはワードプレス(WordPress)と表示形式を整えるテーマの設定が重要です。

ここではワードプレスをワンタッチでサーバーにインストールできるかを中心に確認します。

Conohaサーバー

①レンタルサーバー、独自ドメイン、WordPress、SSLを一括で取得・設定できる機能を用意しています。

②ワードプレス簡単インストールにより初心者の方でも簡単にワードプレスをインストール可能。

①CMS簡単インストール
WordPress等を簡単にインストールにより初心はでも簡単にインストールできる。


ConoHa Wingプランはドメインとサーバー契約を一体となっているプランです。

その為にドメイン関連の設定はエックスサーバーよりもConoHaの方が簡単にできるようです。

私が今年の7月にエックスサーバーでブログを立ち上げた際は次の手順が必要でした。

 ①ドメインの取得(私はお名前.comを利用しドメインを取得しました)
 ②サーバー契約
 ③サーバーにドメインを設定する。

これと比べるとドメインの設定は楽そうに思えます。


1-1-4 無料SSL

 

SSLはWebサイトのセキュリティ強化に必要です。これが無いサイトはブラウザーから警告がでてしまいます。

無料SSLはどちらのサーバーでも用意されていてしかも設定に手間は不要です。

(URLの頭がttp://からttps://からになる。コレ重要です)


1-1-5 WAF(WEBアプリケーションファイヤーウオール)

 

① ConoHaサーバー
WAFは様々なサイバー攻撃からWebサイトの安全を守ります。
常に最新の攻撃パターンに対応出来るシグネチャ型WAF「SiteGuard」が採用されています。

② エックスサーバー
WAF(Webアプリケーションファイアウォール)により不正アクセスからWebサイトを保護をしている。

現時点では(令和2年9月15日)双方互角としておきます。


1-1-5 迷惑メール対策

ConoHaサーバーでは
メールの送受信時にリアルタイムでウイルスをブロックできる「ウィルスチェック機能」があります。
また、クラウド型の高精度スパム検出エンジンで迷惑メールを排除できる「迷惑メールフィルター機能」を標準で利用できます。

これに対してエックスサーバーではF-Secureによりアンチウィルスとスパムフィルターが理由できます。また、POP over SSLやSMTP over SSLI、MAP over SSL等により通信の暗号化し盗聴等を防止可能。

とのことで、迷惑メール対策も双方互角のような感じです。

 

高速化等を除くとサーバーとしての性能はあまり差は無いように感じます。また高速化についても運用レベルでは誤差のようなものと判断できますので今回は価格面を考慮して今回はConoHaサーバーを採用することにしました。



2.ConoHaとエックスサバ― その他の比較

その他主要な仕様を次の表にまとめました。

細かい仕様上の違いは公式サイトを参照して頂くとして、とりあえず初心者レベルで気になる仕様上の違いは無いように思えます。



まとめ

まとめ

私のような初心者にとって、エックスサーバーであろうとConoHaサーバーであろうと違いはないように思います。

双方とも私が望む次のような要望に十分に応えてくれます。

チェックリスト

  • WEBサイトの表示速度は最高
  • サイトセキュリティは最高
  • WordPressのインストールは簡単で有って欲しい
  • 幸いにアクセスが増大しても大丈夫
  • サイト解析等ができる
  • 電話等によるサポートが有る

現在は両サーバー共にキャンペーン中なので価格や永久にもらえるドメインに差はありません。

ですがキャンペーンを期間中を除けば、ConoHaサーバーの方が

 ・価格がより安い、初期費用も無料
 ・「.com」を含むドメインを一つ永久無料でもらえる
 ・ドメインを設定しやすい
 ・ディスク50GBほど容量が多い
等の利点がエックスサーバーよりもあります。

従って令和2年9月の現在では2択ではありますが11月5日18時以降では初心者的には他の条件が今のままならConoHaサーバー一択かなと思います。

   

レンタルサーバー Xserver

     

ConoHa WING

イラスト、写真の版権

最初に戻る

 

版権関係

今回の記事で使用している画像やイラストは版権フリーのものを使用しているるか私が撮影写真をもとにしたものか描いたものです。版権フリーで頂いた画像の詳細は次の通りです。

ワシ
ワシです。ヒロアキのアバターでヒロアキが撮影した画像です。 
未来さん
未来です。

この画像は、「あさひ」さんがPiaproに投稿された「充電期間」というタイトルのイラストからお借りしました。

調停委員
調停委員のアバターです。ヒロアキが撮影した画像を使用しています。
アドバイザー
アドバイザーのサクヤです。ボークスのフィギュアー的なドールをヒロアキが撮影したものです。
39さん
39さんで今回は私の妻役をお願いしています。

「うさぎのくろ」さんがPiaproに投稿されたミクだから~というタイトルのイラストからお借りしました

案内人
案内人のルカです。

このキャラクターは「Mamo」さんがPiaproに投稿された11年目の君へというタイトルのイラストからお借りしました

リン
リンです。

「Charies_P」さんがPiaproに投稿されたKagamine Rin - Travelling in Penangというタイトルのイラストからお借りしました。

同行人
同行者のミクです。

「しおみづ」さんがPiaproに投稿された3.9というタイトルのイラストからお借りしました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロアキ

長期入院していた妻から退院日に別居され、半年後に離婚と財産の半分を要求された男のお話。 ぶっちゃけ離婚調停の準備と実際を愚痴をまじえて書き連ねていくブログです。 とはいえ、現実逃避を目的にした趣味的なものも写真やPCと周辺ガジェット類、および神社参拝や写真撮影を目的にした旅行等も扱います。 というかコレが中心になります。

-旅行・PC等趣味的なもの, 通信関連
-,

© 2021 思い立ち Powered by AFFINGER5