Gadget パソコン等ガジェット類

PC作業時に体を守る3つの品と使用感(パソコンスタンド、モニターアーム、アームレスト)

2020年7月25日

お知らせ

目が疲れる以外に、パソコンを長期に渡り使い続けると次のような症状を自覚することが多くなります。

パソコンが体に及ぼす影響

 1. 首や肘、手首が痛くなる

 2. 手首が痛くなる

 3. 肘が痛くなる

 4. 気分が悪くなる、頭がふらつく

 5.その他、背中痛等

これらに対する予防的な対策を行う際に有用な品がパソコンスタンド、モニターアーム、アームレストとなります。


ご挨拶が遅れました。
こんにちは、離婚争議中ではありますが現実逃避的に趣味分野に逃げ込んでいるヒロアキです。
私はパソコンや写真関連の品を趣味として楽しんできて十年以上になります。その過程で曲折を経て現在に至っているわけですが、現在私が使っている品々はその期間の淘汰を経てなお残っているものです。

そのような品を紹介することで皆さんのお役にたてると考えて写真やパソコン、iPad等やその関連品について知ること・経験したことを書き連ねようと思います。


今回はパソコンを長期に渡り使用することによりおこりえる首やひじ、手首の痛み、肩こり、気分が悪くなる等への対応について考えていきます。具体的には次の内容について書いていきます。

この記事の内容

  • パソコンで首やひじを痛めた経験談
  • 首、肘、手首等が痛む原因と対策
  • 今まで使用したものの紹介と比較
  • まとめ

1.首とひじを痛めた経験談

パソコンを使い始めて数年間、公私合わせて1日に10時間以上パソコンを使っていた日々が続きました。そんなある日目覚めると、頭がふらつき歩行することも困難な状態になっていました。そういえばひじと首筋も痛かったような・・・

しばらく悩んだ末に地元の脳外科の専門医にお世話になりました。病院で症状を説明したところまず脳の状態を知る必要が有るとのことでCTとMRIによる頭部の検査を受けました。

結果は、脳には傷やダメージ、腫瘍等一切なく「非常に綺麗な状態」だと診断されました。

主治医の話によると首の骨(頸椎)が首を通っている神経を圧迫している結果から生じる症状であろうとのことでした。

病名は覚えていないのですが、ググると「頚椎症性神経根症」なるものがヒットしました。多分これでしょう。

O-DAN Bokskapet様より借用


2.PCで首等が痛くなる理由と対策

2-1 頚椎症性神経根症

「頚椎症性神経根症」とは何のことですか?完全に専門外のことなので公益社団法人日本整形外科学会のWEBの中から引用します。

① 頚椎症性神経根症の原因と病態


加齢変化による頚椎症(椎間板の膨隆・骨のとげの形成)の変化によって、脊髄からわかれて上肢へゆく「神経根」が圧迫されたり刺激されたりして起こります。

遠近両用眼鏡でパソコンの画面などを頚をそらせて見ていることも原因となることがあります。

② 診断
腕や手のしびれ・痛みがあり、頚椎を後方へそらせると症状が増強し、X線(レントゲン)で頚椎症性変化を認めることで診断します。MRIで神経根の圧迫を確認しにくい場合もありますが、骨棘による椎間孔(神経根が出ていく孔)の狭窄がわかる場合もあります。

③予防と治療
基本的には自然治癒する疾患です。症状が出ないように頚椎を後方へそらせないようにし、適切な方向への頚椎牽引や症状が強いときには消炎鎮痛薬の投薬などが行われます。治るまでには数か月以上かかることも少なくなく、激痛の時期が終われば気長に治療します。

公益社団法人日本整形外科学会WEBより引用 上の引用中赤色部分はヒロアキが行いました。
ワシ
長い、3行以下で収めてくれないと誰も読まないぞ?
勝手に引用しておいてその言い方はどうかと思いますよ?
案内人
ワシ
お、ここはルカさんが担当か。早速やけど3行で説明してくれ。
そんな言い方をするから性格が合わないとか言われるのじゃないですか? まぁいいですけど(*‘ω‘ *)?
案内人
パソコン作業等首をそらせるような姿勢を長く継続的に行うと首の骨に小さな棘のようなものができることがあります。
案内人
この棘のようなものが神経を圧迫することにより、手のしびれ、痛み等の生じさせることになります。
案内人
特効的な治療方法は無く自然治癒をめざします。症状がでないように首を後ろにそらせないように努めましょう。
案内人

ワシの理解

パソコンを使っていると首やひじ、手首に力が重力方向に掛かります。

この結果それらに負担が掛かり首痛等様々な病状が現れる。

特に頭は重いから不自然な姿勢でいるとダメになり易い。

2-2 首、ひじ、手首への対策

と言う訳でパソコンを操作することにより様々な症状が出る可能性があります。これを避ける為には次を対策が有効です。

1)首回り
  頭の重量を出来るだけ首の負担にならないような姿勢を保つ。起立時のような姿勢をキープすることが好ましい。
2)ひじ回り
  ひじは宙に浮かせず机面に接触させるか、またはひじを支えるような支持具を使う。
3)手首回り
  手首の角度を出来るだけ平行に近づけ手首に変な力が掛からないようにする。

3.パソコン使用時の姿勢を正す為の用品

3-1 首廻り

首回りというか首の痛み等を予防する為にはパソコンのモニターと目の位置を正対させることが大事だと思います。

デスクトップ型のパソコンであればモニターの高さを調整することが重要でしょう。

ノートパソコンはモニターの高さを調整することが出来ませんので辛いところです。通常はノートパソコン用のスタンドを使用することによりパソコン使用時の姿勢を改善することが出来ます。

その為にモニターの高さを調整できような器具や用品が有ればよいと思います。

モニターの高さ調整 ディスプレイアーム

ディスプレイに付属するタンドは上下方向のみしか調整できません。それに対してお薦めのディスプレイアームは上下方向はもちろん前後左右方向にも自在に調整できるのでディスプレイを自由に設置することが出来ます。

あ勧めのディスプレイアーム
(エルゴトロン社製とそのOEM品一択です。)

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム アルミニウム
45-241-026又はこれと同等の性能を有するアマゾンベーシックの品
エルゴトロン MX デスクマウント モニターアーム 45-214-026


ブックスタンド型

プラ素材で軽量なパソコンスタンドです。傾斜角は10段階ありますがノートパソコンのディスプレイの高さを目の高さに近づける為に最大の傾斜角にした状態で写真を撮っています。

写真のパソコンは11インチ、重量1kg程度なのですが楽々とパソコンを保持しています。勤務先では7インチ、3キロ近くのパソコンを同じスタンドで使用していますが安定して使用できています。

結論として10~17インチのノートパソコンに良く適合すると思います。

Agracelady ノートパソコンスタンド

私はアマゾンか2019年モデルを2台購入していたのですが現在は品切れ中です。

ノートパソコンスタンド

アルミ製のパソコンスタンドで17インチ、20Kgまで対応できるものです。写真は11インチ1kgのパソコンです。この重量ですと思い通りの位置にしっかりと止めることができます。

私はこのPCスタンドを本来の用途の一つであるお絵描タブ用スタンドとして使用しています。きっちりと保持が出来て良いと思います。


ワコムの16インチ2kgのペンタブを設置したところ。
今回の記事内容から離れますがペンタブ用のスタンドとして安価で有用な品です。

私が使用しているPCスタンド

Peoture ノートパソコン スタンド 折りたたみ式 pcスタンド 無階段高さ調節可能 17インチ20KG耐荷重

BoYata ノートパソコンスタンド PCスタンド タブレットスタンド
 17インチ20KG耐荷重

3-2 ひじ廻り

ひじを支持せずにパソコンを使用していると手首とひじに負荷が掛かかります。ひじか前腕をささえることができるようにすれば良いのでその方向で考えます。

前腕を支える為には机に出っ張りをつくりそこに腕を置くことが考えられます。これは机の環境が一様ではないのでここでは検討しません。

ひじを固定する器具としてはアームレストが有りますがこれはエルゴレスト一択です。

エルゴレストErgoRest (アーゴレスト) 330-013 関節式アーム

私は勤務先でこれの前モデルを使用していますが非常に優秀なベアリングが使われているらしく腕の動きが非常いスムーズで使い勝手が良い品です。

3-3 手首廻り

ひじと手首のラインが出来るだけ机面に沿った状態にすることが重要です。微調整的にパームレスト等を使用することが一般的です。

パームレストは手首にかかる負荷を均一にする為に使用するのですがこれはタオルや発泡スチロールを使うことで同等の効果を期待することができます。

私はキーボードカバーとして使用しているタオルやクロスを使っています。


4.今回のまとめ

見出し(全角15文字)

パソコン、特にノートパソコンを使用していると姿勢が不自然になり、その結果、首の神経が痛んだり、ひじや手首に過度な負担が掛かり首やひじ、手首の痛めが発生することがあります。これを予防する為には姿勢を正す為の用具やひじや手首に不自然な負荷がかからないようにすることが重要です。

1、首回り
 
パソコンのディスプレイの位置調整がし易くなるディスプレイアームの導入が有効です。ノートパソコンを使う場合別途にキーボードやマウスも必要になりますがノートパソコン用のスタンドが有用でしょう。

2、ひじ

 ひじを支持する為にエルゴレストが役立ちます。少し値が張りますがひじや手首の負担が格段に少なくなるはずです。

3.手首回り
ひじと手首のラインが出来るだけ机面に沿った状態にすることが重要です。パームレストやタオル等が役立ちます。

ここでご紹介した品は別途比較記事にまとめる予定です。

パソコンモニターの高さ調整用アーム

①エルゴトロンLX
32インチクラスのモニターまで対応可能です。
耐荷重は11.3Kgまでですが余裕を見て10Kgくらいまでのモニターに使用すると良いでしょう。

気持ちよくピッタリとモニターの位置を決めることができます。

②LXのアマゾンOEM品
性能はエルゴトロンのLXと同等です。

③エルゴトロン MX
エルゴトロンの耐荷重強化版。
13.6Kgのディスプレイまで対応できます。


実際に私が持つ東芝の32インチモニターの重量は13Kgを超えますがこの製品で対応できています。
(余裕はない感じではありますが)

ErgoRest (アーゴレスト) 330-013 
肘をこの品の上にのせてキーボード操作やマウス操作することにより肘や手首に掛かる負荷を減らすことができます。

良質なベアリングのお陰て動きが非常にスムーズで一度使うと手放せなくなります。


①Peoture ノートパソコン スタンド
2千円台のノートパソコン用スタンドです。

10インチから17インチ超までのノートパソコンの位置を自在に決めることができます。

大きさは次に紹介するBoYataの品より少し小さいですし剛性も少し劣るようです。

しかしノートパソコンを乗せる分には過不足なく良い品だと思います。

②BoYata ノートパソコンスタンド 
仕上げもパソコンの保持力も良い品です。
値段が4千円の前半から5千円と購入時期により変化します。

急ぎでない場合、セール販売の時に購入すれば良いと思います。私はこのことを知らず4千円の後半で購入した記憶があります。


画像等の権利関係等

この記事で使用したイラスト等の画像等について特に記載が無い場合、当記事の作者が作成したか撮影したものです。
また、特記しているものもフリー素材または有料画像販売サイトから購入したものです。

但し、吹き出し会話に使用している画像はPiapuroから作者の了解を得て使用させて頂いています。
詳細は次の記事の版権部分に記載しています。

ブログ始めました!

続きを見る


◆改訂履歴

改訂01:2020/10/14 タイトルの変更とこれに伴う記事構成の見直し及び、版権等に係る画像等の見直し

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロアキ

長期入院していた妻から退院日に別居され、半年後に離婚と財産の半分を要求された男のお話。 ぶっちゃけ離婚調停の準備と実際を愚痴をまじえて書き連ねていくブログです。 とはいえ、現実逃避を目的にした趣味的なものも写真やPCと周辺ガジェット類、および神社参拝や写真撮影を目的にした旅行等も扱います。 というかコレが中心になります。

-Gadget, パソコン等ガジェット類
-

© 2021 思い立ち Powered by AFFINGER5